現代和風RPG開発日記2018[No.5861]

 年が明けてカテゴリーが変更されたが、内容は続いている。てなわけで全国数十名の読者の皆様には、今年もダラダラとお付き合い願いたい。
 さて、今年は戌年である。よく犬派とか猫派とかいう質問があるが、作者は犬派かどうかは微妙である。だからといって猫派というわけでもない。家がアパートなのでペットは飼っていないが、だからといってもしも一戸建てに住んでいたとしても、多分飼うことは無いかもしれない。ていうか、ペット1匹養うのに人間1人分の生活費以上に及ぶ生活が想像できない。尚、作者自身が負け犬同然の人生を送っているという突っ込みは無しである。
 ここ数年来、元旦の朝は、初日の出を拝んだり初売りに並んだりして出かけていたものだった。だが、今年は天気があまりよくなさそうだったし、特に目当ての買い物も無かったので、ずっと家に居た。朝飯は定時に食べたわけだが、豪華なおせち料理を前にして新年一発目の食事における親の会話は……犬の糞の不始末のせいで路面にこびり付いて取れずに憤慨するぼやきであった。
 そう、作者的には、犬自体はどうでもいい。犬の飼い方も知らない非常識な人間が大嫌いなわけである。ていうかうちの親よ、食事中にそんな話を大声で続けるほうが非常識ではないのか…!?

現代和風RPG開発日記2018[No.5862]

 No.5838で衝撃的な姿をさらけ出したモバイルPCだったが、あれから改造を繰り返しながら、次から次へ形状が変化し続けた。仕事の合間や年末に通勤定期を間合い使用して、秋葉原で使えそうなアイテムを探し回っては、色々と取り付けていた。使えずに無駄になった買い物もそれなりにあるが、こういう作業は案外行き当たりばったりでどうにかなるものである。
 到底市販されていないようなアイテムが秋葉原のジャンク屋で見つかったりすると、通販を頼るしかない田舎暮らしは難しいと思ってしまう。店頭で全く見られないアイテムが通販で見つかることもあるが、やはり買い物は宝探し感覚で店を歩き回った方が面白いと思うのは、毎度のように古い人間だからであろう。
 今や秋葉原は外国人まで入り乱れてカオスと化しているが、何を目当てに訪れるかは人それぞれであろう。作者は自他共に認めるオタクながら、メディアやホビーやメイドさん達には特に用は無い。ほぼ毎回PC関連の設備強化が目当てで行くので、駅で電車を降りると、必然的に電気街口を出て北西の区画へ向かうことが多いのである。

現代和風RPG開発日記2018[No.5863]

 改造PCをかばんに入れて通勤し続けたことでの課題は、かばんの中身が増えるとHDDの厚みで蓋が圧迫されることだった。そのままでは故障を引き起こすおそれがあるので、持ち運びでは極力厚みを生じさせない方がよいという結論になった。だけどHDDだけでも1cm余りの厚みがあるわけで、本体にくっ付けたままでは解決できない。となると、HDDを着脱可能にする必要が生じたわけである。
 そこで次なる改造として、蓋に箱を取り付けて、その中にHDDを収納させることで着脱させる方法を採用した。ここで必要なことは、HDDを取り外している間は、箱による厚みを生じさせてはならない。完璧に厚みを0にすることは無理だが、簡単に折り畳める箱であれば問題無い。しかも、着脱を繰り返すとなると、耐久性を維持するためにはそれなりの強度の材質でなければならない。
 こういう時はとりあえず100均を探せばどうにかなるものである。見つけたアイテムはポリプロピレンの板だが、0.75mmだと頑丈だが厚みがそこそこで加工しづらい。もっと薄くても耐久性は十分なので、5枚組のクリアファイルを切り開いて使うことにした。

現代和風RPG開発日記2018[No.5864]

PC01.jpg

 蓋は完全にすっきりしてしまったので、外見上は誰が見ても普通のノーパソにしか見えない。だけど高さを見てわかるように、モバイルPCはドライブが無い分タブレット並みに薄いのである。従来はここにHDDを直付けしていたため、ちょっとの加重で蓋がたわんでしまうほどであった。かばんの中は色々な荷物を詰め込む機会が多いので、さすがにそれを繰り返すのはまずい。
 今回の改造は本体を裏返しにすれば一目瞭然であろう。クリアファイルを切り開いたポリプロピレンの加工物体が、養生テープでベタベタに固定されている。これでは従来蓋に付いていたものが底に移動しただけではないか!?いや、そうでもない。それぞれの物体はかなり薄いので、若干底が浮くもののほぼ普通に置くことができて、操作に支障は無い。これならばケースへ収納してかばんに詰め込んでも負担にならないだろう。

現代和風RPG開発日記2018[No.5865]

PC02.jpg
 底にはこれらのパーツを取り付ける。ポータブルHDDとケーブルは従来通りだが、これに脚4個が追加された。100均で探して加工したもので、中央に配置されるHDDの高さに合わせている。
 取付方法は簡単である。四隅には脚を外側から縦方向にスライドさせるようにはめ込む。中央にはHDDを横方向からスライドさせるように取り付け、後から横に巻かれた2枚の板で固定する。最後にケーブルをつなげば完成である。
 ひっくり返すとこの通り、底がHDDの厚みだけ持ち上がるが、やはり外見上は普通のノーパソにしか見えない。尚、画面周囲にマスキングテープを貼っているが、これは蓋に過重がかかると傷が付いてしまうので、それを保護するためのものである。
PC03.jpg

現代和風RPG開発日記2018[No.5866]

 デスクトップ側をWindows10に移行して1週間ほど過ぎた。安定性に関しては色々な噂が飛び交っているのは、欧米品質ではお決まりのことである。継続使用しているアプリはどれもとりあえず安定動作しているので、ひとまず合格といったところである。
 Windows7を使っていた晩年は、起動も終了もとにかく遅くてイライラしたものだった。今はそれも解消されている。Windows8がタブレット向けに偏り気味らしかったので無視していたが、10はそんなこともなく、今まで通りの慣れた操作で一通りこなせている。やはり一度慣れてしまった操作は今更変えられないものである。
 昨年からモバイル側で10を使い続けていたわけだが、そういえば見慣れない機能は最初からスルーしていた。その中の一つにコルタナなるものが登場したが、こいつに話しかけると何かアクションが起きるのか?普段からバグが出る度にモニターに向かってブーたれているいけない作者だが、PCに向かって会話するのがちょっとネクラな気がするのは、やはり古い人間だからであろう。どんなにネットやAIが進化しようと、これからも生身の人間と面と向かっての直接対話を大切にしたいものである。

現代和風RPG開発日記2018[No.5867]

 昨日の今日で恐縮だが、ポータブルHDDのアクセス状態は常によくない。2台のPCを交互に接続して使っているので仕方ない面もあるのだが、アクセス権限が拒否されるわデータは飛ぶわエラーは多発するわで、どうにも信用がおけないのである。この中でもデータ紛失は世間でいうところの重大インシデントに相当するので、バックアップは今まで以上のレベルに引き上げられた。
 データ破損による紛失が多発するファイルは大体限られている。このブログを執筆している原稿と、架空地図データである。PCの2台持ちだとライセンスの購入も2倍になってしまうので、今はいずれもフリーソフトで作業をしている。やはりフリーソフトの性能だと、こういう弱点は大目に見るしかないのか…。金を払っていたら即刻ブチ切れモードになるだろうが、有難く使わせて頂いている身分なのでそこはあきらめている。
 とりあえず他のファイルは特に事故が発生していないのだが、安心しているとまた昨日の今日のことになりかねないので油断ならない。とにかくバックアップだけは万全にしておくしかない。

現代和風RPG開発日記2018[No.5868]

 先日はこの原稿のデータがぶっ飛ぶ事態だったが、ファイルはカテゴリー別に区分されているので、幸いにも1週間分の損害で済んだ。よって、アップしたブログからコピーして力ずくで修復できたが、もしこれが年末だったらどうするのだ!
 実はその「もし」が同時に発生しまっていた。2017年の開発日記の原稿がいつの間にか0kBの容量になっていたので恐る恐る開いてみると…案の定まっさらだった。何百もの記事をコピペして原稿を復元するななんてことは、面倒臭くてとてもやっていられない。実に困ったものである。
 だがそこは大丈夫であった。HDD1個をデスクトップ側に移設したことで放出したため、
不安定なポータブルHDD1個では心もとない。モバイル側につないで持ち運ぶことを考えると、少しでも軽い方がよいと判断されたので、満を持して同じ容量(500GB)のSSDの導入に踏み切ったのであった。こちらに丸ごとコピーしてそれまでのHDDは予備として保管していたので、そちらからデータを引っ張り出してセーフだった。だけどこんな余計な作業のせいで小一時間は無駄になるので、くれぐれも勘弁してもらいたいものである。

現代和風RPG開発日記2018[No.5869]

 作者はかれこれ20年ほど自分のPCを所持しているが、SSDなるアイテムは今まで使ったことが無かった。こいつは簡単に言えば用途も接続手段もHDDと全く同じで、大容量記憶媒体の一つである。今まで導入しなかったことが時代遅れかどうかは知らないが、とりあえずこれの初導入について検証してみるとする。
 まず比較対象となるHDDの解説だが、率直に短所を挙げると重くて壊れやすい。OSからすべてのファイルまで一瞬で壊れる懸念が常につきまとう。今までいくつものHDDを使い続けたが、3.5インチの外付けHDDが壊れた際には1年分の写真データ等がぶっ飛んだ。だけど外付けは使っているうちに本体が動くものなので、デスクトップのようにネジで水平に固定して動かさなければ、よっぽどのことが無い限り大丈夫であろう。かくして、デスクトップ向けの3.5インチより、ノート向けの2.5インチの方が振動や衝撃に強くて高性能と思われるが、その分コストは高い。

現代和風RPG開発日記2018[No.5870]

 今回初導入したSSDだが、まず第一印象からしてHDDに比べると軽い。HDDのような内部の駆動は全くないから、そこから壊れる心配は無い。メモリーカードのような感覚でデータを保存する構造だろうが、アクセス速度は段違いである。ちなみに速さはメモカ 速くて軽くて動かしても問題無いならば長所尽くしと思われるが、欠点としては値段が高い。同じ容量のHDDに比べると約3倍のコストがかかる。今まで導入をためらっていたのは単純のそのせいであるが、年末に仕事が続いたお陰で懐具合が安定したので、満を持しての導入であった。余談だが年末年始は他にも購入を先延ばしにしていたアイテムが重なって物入りだったせいで、今は稼ぎがみんな飛んでしまった。非正規雇用にボーナスなど無い。よい子のみんなはまっとうに就職することを勧めておく。
 ところで、SSDが世にデビューした当時、HDDに比べてデータが壊れることがあるという噂が飛び交ったものだが、今もそうなのだろうか?それに関しては使い始めて間も無いので、他で情報を得られたし。とりあえずHDDでもSSDでも紛失事故は起きている。

現代和風RPG開発日記2018[No.5871]

 日常生活において、ここ最近壊れているのはPCのデータファイルだけではない。何だか呪われているかのように、次から次へと色々な所持品が壊れたりトラブったりしている。その度に無駄な時間と余計な資金が消えていくので、今年の正月は何だかいつもより余計に疲労度が高い気がする。具体的なアイテムを挙げればきりが無いぐらいだが、今一番腹が立っているのは機種変後も使い続けている古いスマホである。
 このスマホはPHS回線だったが、SIMは抜かれて返上しているので、電話としては使えない。だが、今でもワンセグでアニメを録画して観るために使っている重要なアイテムである。そいつがある日突然画面がロックされ、緊急通報とかいうウイルスまがいの迷惑な機能に完全支配され、全く機能しなくなったのであった。
 あれこれ調べたところでは、パスワードや暗証番号の類を入力すれば解除できるらしい。既に正確なキーは忘れているものの、今まで設定したものは大体決まっている。それらを一通り入力してみたものの、ウンともスンとも言わない。電源をOFFにしたり電池を抜いたりしてもダメだった。もはやSIMを挿すしか無いのかと思われるが、既に手元には無い。これはもうショップに持ち込むしか無いのだろうか?ただでさえ番組改変期で新番組のチェックが忙しいというのに、こんなことで時間が無駄になるのだから、甚だ迷惑な話である。

現代和風RPG開発日記2018[No.5872]

 架空地図の描画も「月影の駅」のリメイクも、データ管理に不安が残ることから、まだ慎重に作業を進めているところである。最も安全に作業を行うならば、OSと同じドライブにアプリをインストールして、データファイルもそこに保存して作業を続けることだろう。となると、データの保存はマイドキュメントが手っ取り早い。
 モバイル側では常にそれを実践しているが、内蔵ストレージが小さいのでマイドキュメントを膨れさせることはできない。作業をしていないデータは別のドライブに保存しておくしかない。
 一方、デスクトップ側でも先のブログ原稿がぶっ飛んだ事例を受け、外付けSSDのデータを直接編集することが禁止された。こちらも通常はマイドキュメントで作業をすることになった。
 現在調整中の手段として、Webクラウドストレージを利用した共有も検討している。だけど家でデータをやり取りするならば便利だが、外でのモバイルPCでの作業環境が常にネットにつながるわけではない。スマホを用いたテザリングは不可能ではないが、月2GBは案外すぐ使い切ってしまう。そして公衆無線LANも依然として貧相で使い勝手が悪いものである。

現代和風RPG開発日記2018[No.5873]

 クラウドストレージでWindowsユーザーが誰でも無料で使えるのはOne Driveだが、デフォルトで自由に使えるのは5GBである。追加したければ有料だが、現在は50GBで月249円、Office付きだと1TBで月1274円とか…。最新情報は各自で調べて頂きたい。
 バックアップを保存するには無料分だけだと少ないが、ネット回線にさえつながっていれば、データの受け渡しはポータブルHDDよりも手軽で壊れにくい。今までスマホで架空国家のデータベースを作成する際にも用いていたし、家で作業をする分には全く問題無く使えそうである。ただ、クラウドストレージ上のファイルに直接アクセスして編集するのは、接続環境に依存して不安なところがある。よって、あくまで受け渡し場所としてのデータ置き場として用いるとする。編集作業はOSと同じドライブのマイドキュメントが無難である。
 実は当局にはあと1つ、モバイルPCの製造メーカーから提供された、500GBのクラウドストレージが使える。一定期間が過ぎると有料になるようだが、重要なデータを保存するならば、そこでケチって怪しいフリーのストレージを探すよりも安全かもしれない。こちらはまださほど活用していなかったが、今のところ無料で使えるので、適度にバックアップを保存するには十分過ぎる容量である。
 かくして、大小2つのクラウドストレージを用途に応じて使い分けることで、ファイル管理の強化が期待される。そもそもポータブルHDDがもう少しまともならばこんな苦労はしないのだが、余計な作業ばかりで全然進まないではないか……。

現代和風RPG開発日記2018[No.5874]

 年末はずっと外でモバイルPCを操作していたものだったが、今はその時よりも気温が下がっているので、どうにも寒過ぎてやる気が起きない。カイロをベタベタに貼っているにもかかわらず、外でじっとしているだけでも寒さで固まってしまっている。常にかばんの中にはPCが常備されてはいるが、結局一度も使うこと無く荷物に終わるのであった。
 いやもう全身に無理な力が入りっ放しでずっと外に居たものだから、何だか余計な筋肉痛を引き起こしている有様である。そんな状態で仕事が上がって2時間以上電車の中で寝ていたものだから、硬直具合が更に増幅しているような気がする。それに加えて寝不足で変な気分である。この先しばらく仕事が続くが、せめて風がよけられる日当でも無ければとても作業はできそうに無い。

現代和風RPG開発日記2018[No.5875]

 外付けドライブの動作が安定しない原因究明が続いているが、デスクトップとモバイルとで、ドライブ文字が異なることも影響しているのではないか?というのも考えられた。
 ドライブ文字というのは、通常のOSがインストールされているドライブがC:だが、それのことである。1つのHDDの中でパーティションを分割したり、内蔵ドライブを増設したり、カードリーダーにメモリーカードを差したりしただけでも、原則としてアルファベットの順番に従って新たに割り振られる。昨年末にデスクトップ側でHDDを増設してWindows10に移行したことで、ドライブ文字もかなり変更が発生した。その時点で外付けSSDのドライブ文字は、デスクトップ側がN:、モバイル側がD:になっていた。
 こいつを両者で掛け持ちしていたら、さすがにPCもおかしくなってしまうかもしれない。そこで統一する方法は無いものか?と調べたところ、やっぱり方法はあるらしい。詳細はざっと端折るが、Windowsシステムツール→コントロールパネル→システムとセキュリティー→管理ツール→コンピューターの管理→記憶域→ディスクの管理 …で、Volumeに列挙されたドライブの中から変えたいものを右クリックし、ドライブ文字とパスの変更→変更 …で、空いている文字のリストから選べばよい。この作業で両者共N:に統一したわけだが、さて今度はどうなるやら…!?
管理人

ごとりん

  • 著者:ごとりん
  •  現実的世界観のRPG開発と普及を目指して、日々の生活で戦闘を続ける貧乏クリエーター。このブログの毎日更新が途切れない限り、無事に生存しているものと関知して下さい。
Simulation Country GAPAN 月本國


現代和風RPG「月影の駅」
 RPGツクール2000製フリーウェア。駅から始まり駅で終わる人間模様。オトナのドライな難易度につきお子様は十分御注意あれ。

「Made in GAPAN 歩 ~Ayumu~」
 2D-RPG向け歩行グラフィック合成ソフト。当局開発の32規格8方向部品セット他、一般的な部品セットも利用可能。各使用環境に合わせた既存素材の組み直しや、顔グラ等の合成もOK。
(上記の管理人画像はこれで合成したものです。)

 「月本國」では、2D-RPG向け現代和風素材の無償配布の他、開国(平成13年12月16日)~平成17年2月28日までの過去ログ「旧月本国政府広報」を扱っています。
 又、連載物「RPG制作雑記」「徒然なる200x裏技集」(↓のカテゴリーで★が付いているもの)等のwardファイル版過去ログを扱っています。このblogの過去ログが読みにくい場合は是非御利用下さい。
ブログ内検索
カテゴリー(★:「月本國」にward版あり)
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
RSSフィード